So-net無料ブログ作成

トラック運転手逮捕 大阪・港区の死亡ひき逃げ(産経新聞)

 大阪市港区で自転車に乗った男性がトラックにひき逃げされ死亡した事件で、府警港署は26日未明、自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)容疑で、愛媛県四国中央市川之江町、トラック運転手、広瀬光嗣郎容疑者(45)を逮捕した。

 逮捕容疑は、24日午後10時20分ごろ、大阪市港区市岡元町の中央大通で、大型トラックを西向きに運転中、自転車に乗っていた男性を引き、瀕死の重傷を負わせながら救護せず逃走したとしている。

 男性は自転車とともに約330メートルにわたり引きずられて死亡。現場付近の防犯ビデオの映像に火花を散らしながら走行する大型トラックが写っており、府警は車種の特定を進めていた。

 死亡した男性は白髪交じりの黒っぽい服装で、府警は引き続き身元の確認を進めている。

【関連記事】
男性死亡、330メートル引きずられた跡 大阪、ひき逃げで捜査
さいたまの死亡ひき逃げ 容疑の男逮捕 「車盗まれた」と偽装工作も
オートバイの女性ひき逃げされる 大阪
運転手が死亡ひき逃げ 1時間後に現場戻り逮捕
交通事故、高齢の加害者が急増 見落とし、気付かぬ例も
虐待が子供に与える「傷」とは?

省エネ大賞・新エネ大賞は廃止…仕分け第2弾(読売新聞)
37歳経営者を逮捕=渋谷でバカラ賭博の疑い―警視庁(時事通信)
<野球のカウント>審判は「ボール先行」 表示は「ストライク先行」(毎日新聞)
スー・チーさん、岡田外相に謝意…民主化支援(読売新聞)
酒の安売り、飲み放題の規制強化へ…WHO指針(読売新聞)

ホームレス使ってダフヤ行為した男逮捕 警視庁捜査、2年で1千万円売り上げ(産経新聞)

 映画や演劇などのチケットを転売目的で購入したとして、警視庁生活安全特捜隊などは、東京都迷惑防止条例違反(ダフヤ行為)の疑いで、板橋区前野町、無職、井沢広行容疑者(45)とホームレスの男3人を逮捕した。同隊によると、井沢容疑者はホームレスを列に並ばせ人気興行のチケットを入手、転売する手口で、平成20年3月〜今年5月までの間に計約1千万円を売り上げていたとみられる。

 同隊の調べによると、井沢容疑者は2月28日、武蔵野市吉祥寺のチケットショップに共犯のホームレスの男を並ばせ、転売目的で4月に新宿区内のホールで公演予定だった宝塚歌劇団宙組公演「シャングリラ」のチケット2枚を計1万5千円で購入するなどした疑いが持たれている。

 同隊によると、井沢容疑者は購入したチケットを都内の金券ショップやインターネットオークションで転売して利益を上げ、ホームレス3人に1回約5千〜6千円の報酬を支払っていた。

 井沢容疑者は携帯電話をホームレスに買い与えるなどして連絡を取り合っていたという。

【関連記事】
カード番号売買「裏サイト」暗躍 モンベル顧客情報流出
ネットで売買は当たり前なのに…ダフ屋行為の境界線とは
サッカーW杯予選でダフ屋、容疑のチケット販売社長を逮捕 
イヤなら転売して!五輪開始時刻変更で予約客混乱
「ROOKIES」などプレミア入場券 ホームレス雇いダフ屋行為 
少子化を止めろ!

<半田男性変死>酪農業の男をひき逃げ容疑で逮捕…愛知県警(毎日新聞)
<サカキ>伐採し持ち去り 東大大学院の愛知演習林から(毎日新聞)
デザイナー人生60年 集大成は「死装束」(産経新聞)
殺処分対象10万頭超=口蹄疫疑い、新たに15農場(時事通信)
町長に共産党員の脇氏 富山・朝日(産経新聞)

<NPT会議>紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生(毎日新聞)

 【ニューヨーク錦織祐一】米国の若い世代に核廃絶への思いを伝えたい−−。核拡散防止条約(NPT)再検討会議開催中のニューヨークで、長崎原爆で被爆し4月に78歳で亡くなった語り部の吉田勝二さんを描いた紙芝居が上演された。関係者は「核廃絶を考えるきっかけに」と、思いが届くことを願う。

 市内の学校で5日(日本時間6日)、「高校生平和大使」の長崎北高3年、林田光弘さん(18)=長崎市=が、学習障害のある小中高生が通う「チャーチル・スクール」で、吉田さんの半生を描いた紙芝居を上演した。渡米の願いかなわず死去した吉田さん。林田さんは「勝二さんの分も世界に核廃絶を訴えたい」と上演した。

 吉田さんは13歳の時、爆心地から約850メートルで被爆。顔に大きなケロイドが残り、戦後は差別に悩まされたが、周囲の助けで克服し、語り部に。その体験を長崎市の生徒が06年に紙芝居にまとめ、英訳版も作られた。

 上演する林田さんは被爆3世。4カ所での紙芝居上演の最終日となったこの日、生徒ら約50人を前に、吉田さんの被爆状況や戦後の差別を語った。最後に「平和の原点は人間の痛みが分かる心を持つこと」(THE BASIS OF PEACE IS FOR PEOPLE TO UNDERSTAND THE PAIN OF OTHERS)と結ぶと、生徒たちから大きな拍手がわき起こった。

 祖父が原爆製造の「マンハッタン計画」にかかわったというアンナ・リービーさん(17)は「原爆投下はあってはいけないこと。いつか核が廃絶されることを願う」。林田さんは「反応が良くてうれしかった。勝二さんにパワーをもらった」と笑顔を見せた。

【関連ニュース】
紙芝居「真田物語」:全12話、完成 来月3日に上演−−九度山町 /和歌山
核廃絶:NPT会議で渡米の市民、証言や紙芝居で訴えへ /広島
きょうの響:紙芝居で被爆証言 戻った記憶、米で上演−−花垣ルミさん /京都
核廃絶:被爆証言活動の京都・花垣さん、紙芝居手にNPT会議 学校で上演へ /広島
正岡子規:紙芝居にうっとり 俳句・野球との出会い伝える 松山で上演 /愛媛

<掘り出しニュース>山梨県民、なぜアサリ好き? 1世帯当たり消費量は全国平均の倍(毎日新聞)
未承認医療機器、早期導入の要望を募集―厚労省(医療介護CBニュース)
公務員法案、13日に衆院通過=民主方針、自民は反発(時事通信)
アカヤシオ ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
故鳩山一郎元首相の墓石に黄色い塗料 東京・谷中霊園(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。