So-net無料ブログ作成

大久保被告と献金割り振り=西松元総務部長が証言−小沢氏秘書第2回公判・東京地裁(時事通信)

 西松建設の偽装献金事件で、政治資金規正法違反罪に問われた小沢一郎民主党幹事長の公設第1秘書大久保隆規被告(48)の第2回公判が13日、東京地裁(登石郁朗裁判長)で開かれた。西松側の献金担当者だった同社元総務部長(68)の証人尋問が行われ、献金について「大久保被告が前年の実績表を持参し、割り振りをどうするか打ち合わせた」と述べた。
 元部長によると、献金の打ち合わせは西松建設本社応接室で行われた。大久保被告が持参した実績表には、小沢氏側の献金の受け皿団体と西松側の支出元の一覧が書かれ、内訳をどうするか相談した。割り振り案が固まると、元部長は「社内で調整します」と同被告に告げ、会社の上司の了解を取っていたと話した。
 検察側冒頭陳述などによると、西松建設から小沢氏側にはダミーの政治団体名義などで1997年から2004年まで、毎年1500万円の献金が行われた。
 一方、弁護側は元部長と話し合って献金先を決めたことはないと主張。大久保被告は元部長から、2団体は政治団体として届け出ていると説明を受け、実体があったと認識していたとしている。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<元厚生次官宅襲撃>小泉被告に死刑求刑 さいたま地裁公判(毎日新聞)
横領容疑で元投資会社役員逮捕=2500万円、遊興費に−警視庁(時事通信)
消費増税、次期衆院選で問う=財務省改革、ポスト公募も−菅財務相(時事通信)
<羽田空港>レーダー障害で一部発着できず(毎日新聞)
切手セット 遼クンの最年少賞金王を記念 販売受け付け(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。