So-net無料ブログ作成

<スカイマーク>機長交代不適切 国交省が会長らに厳重注意(毎日新聞)

 国土交通省は9日、スカイマーク(本社・東京)の井手隆司会長と西久保慎一社長が機長の安全上の判断を否定し、別の機長に交代させ運航したのは不適切だったとして、同社に厳重注意した。

 国交省などによると2月5日、羽田発福岡行き017便(ボーイング737−800型、乗客177人)の外国人機長(52)は、客室乗務員のチーフの声が風邪でかすれていたため緊急時の呼び掛けが困難と判断、本社にチーフの交代を求めた。これに対し、社長と安全統括管理者の会長は交代させずに飛ぶよう求めたが、機長は拒否。このため自宅待機していた別の外国人機長を呼び出し、この機長がチーフの声に問題ないと判断して1時間遅れで出発した。同社は交代を求めた機長を同日付で契約解除した。

 同社では航空法に基づく運航規定で、安全の最終判断は機長がすると定めている。国交省は「会長らの行為は安全運航体制を脅かしかねない」と指摘し、安全管理体制を見直すよう求めた。機長2人の判断に問題はなかったとしている。国交省で文書を受け取った会長と社長は何もコメントしなかった。【平井桂月】

【関連ニュース】
茨城空港:採算は視界不良 定期便2路線で11日開港へ
茨城空港:11日開港 定期便は2路線、格安頼みの離陸
ねじれた離陸・展望乱れる茨城空港:/中 県と地域 /茨城
茨城空港:初年度収支見通し、空港ビル2000万円赤字に 定期便増加不可欠 /茨城
スカイマーク(9204)は3日ぶりに反発 「路線拡大に対応、小型機6機リース調達」報道が手掛かり材料に

日本事業がグローバル成長をけん引―エーザイ(医療介護CBニュース)
<ミッドウェー>母港化を協議検討 80年代に外務省(毎日新聞)
退職勧奨で新たな仕組み=公務員人件費削減へ−仙谷担当相(時事通信)
<将棋>羽生、封じ手は5四歩 王将戦第5局2日目始まる(毎日新聞)
<雑記帳>長谷川等伯展で「オマージュ」ラスク(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。