So-net無料ブログ作成
検索選択

水谷建設16年裏献金5000万円 不記載4億の原資か 小沢氏団体(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長側が水谷建設から計1億円の裏献金を受けたとされる疑惑で、水谷建設の幹部らが、平成16年の5千万円は小沢氏の私設秘書だった民主党の石川知裕衆院議員(36)に手渡し、17年の5千万円は公設第1秘書の大久保隆規被告(48)=公判中=に渡したと東京地検特捜部に供述していることが9日、関係者への取材で分かった。特捜部は16年の5千万円について、小沢氏の資金管理団体「陸山会」が土地購入の際、政治資金収支報告書に記載しなかった4億円の原資になった疑いがあるとみている。

 当時、石川氏は陸山会の会計事務担当で、大久保被告は会計責任者だったが、いずれも特捜部の任意の事情聴取に対し、現金授受を全面否定したという。

 関係者によると、水谷建設の幹部らは特捜部に「16年10月の5千万円は東京都内のホテルで石川氏に手渡し、17年4月の5千万円は同じホテルで大久保氏に手渡した」と供述したという。資金提供は国発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県奥州市)工事を受注した成功報酬だったとしている。

 一方、陸山会が16年10月に購入した土地をめぐる疑惑では、石川氏は特捜部に「小沢先生の個人資金4億円を土地代金に充てた」と説明。石川氏は同月中旬以降、先払いした手付金1千万円余りを除く約3億8千万円を数千万円単位で陸山会の口座に数回入金した。この中にあった5千万円の入金は、水谷側が供述した「石川氏に5千万円を渡した」直後だったという。

 このため、特捜部は、水谷側からの5千万円が収支報告書に記載されていない「小沢氏の個人資金」4億円の原資の一部になったとみている。特捜部はほかにも不正な資金が含まれている可能性もあるとみて、胆沢ダム工事を受注したゼネコン各社の担当者の任意聴取を続けている。

 17年4月の5千万円についても、同年3月に石川氏が小沢氏から預かったとされる計4億円が陸山会の口座に入金され、5月に引き出されるという不自然な入出金があることから関連を調べている。

【関連記事】
裏献金で土地購入 小沢氏「はぁ?」恫喝気味にはぐらかし
“小沢資金”の謎、不要な融資 個人資産隠し?
地検の事情聴取で「ご心配かけおわび」地元集会で民主・石川議員
土地購入疑惑 ゼネコン一斉聴取 大久保被告「小沢氏指示で探す」
小沢氏周辺「政治とカネ」疑惑続々 元秘書の国会議員は近く聴取へ

上越新幹線、停電で7本運休(産経新聞)
電子書籍対応で出版界が新団体(時事通信)
「借りたカネは返すな!」著者ら脱税指南容疑(読売新聞)
<鳥取県立高>通帳預かり滞納金徴収 禁止のバイト許可し (毎日新聞)
<火災>アパート1室全焼1人死亡 85歳女性住人か 埼玉(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。